淮南子の思想 : 老荘的世界

金谷治 著

漢の武帝の頃、淮南の地を治めた淮南王のもとには大勢の学士食客が集まり、数多くの著作を残した。2000年後の今日に伝わる『淮南子』がそれである。その内容は複雑多様、諸子百家から戦国的自由思想の伝統、また、処世や政治、天文や神話伝説まで集合されている。全体の基調は老荘的なものに貫かれその百科全書的な性格が人々をひきつけてきた。混迷の世を生きる現代人に贈る必読の人世哲学の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 淮南王物語(淮南王とその時代
  • 仙人になった淮南王)
  • 第2部 淮南王の書(淮南子21篇
  • 老荘的統一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 淮南子の思想 : 老荘的世界
著作者等 金谷 治
書名ヨミ エナンジ ノ シソウ
書名別名 Enanji no shiso
シリーズ名 淮南子 (経典)
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.2
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 4061590146
NCID BN07249363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92024327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想