生体防御

小沢均, 新井賢一 編

1970年代に出現した遺伝子のクローニングと発現技術は、生体防御系の研究に決定的な影響を与え、従来混沌としていた造血・免疫関連細胞群の増殖・分化・調節の機構を分子レベルから見事に解明してきた。本書では、この間の十年余りの怒涛のような発展と最先端の現状を、本分野の第一線で活躍している先生方が平易に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 生体防御系
  • 2章 免疫による生体防御システム
  • 3章 免疫関連細胞の分化・増殖・制御因子
  • 4章 CSFと造血
  • 5章 今後の発展と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体防御
著作者等 小沢 均
新井 賢一
浅野 茂隆
書名ヨミ セイタイ ボウギョ
書名別名 Seitai bogyo
シリーズ名 生物工学編
Maruzen advanced technology
出版元 丸善
刊行年月 1992.1
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4621036602
NCID BN07241372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92023235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想