闘争の社会学

ジンメル 著 ; 堀喜望, 居安正 共訳

[目次]

  • 目次
  • 第一章 闘争の社会化的性格 / p1
  • 社会化としての闘争
  • 闘争の社会学的性格
  • 統一と分裂
  • 集団の社会化形式としての闘争
  • 社会関係における同質と異質
  • 社会化の要因としての敵対関係
  • 敵意の根本的性格
  • 敵意の被暗示性
  • 敵意の衝動とその限界
  • 第二章 闘争の諸形式 / p31
  • 敵対的な競技
  • 法的係争
  • 即事的立場をめぐる闘争
  • 闘争の基礎としての等質性と共属性
  • 親密な関係における抗争
  • 集団の脅威としての闘争
  • 嫉妬
  • 第三章 競争の諸形式 / p59
  • 競争の本質
  • 競争の主観的な目標と客観的な結果
  • 競争の社会的機能
  • 集合体内の連帯性と孤立性
  • 集合体内の競争と集合体の構造
  • 家族における競争
  • 宗教集団における競争
  • 競争、個人主義および社会的利益
  • 社会主義と競争
  • ギルドにおける競争
  • 競争的手段の制限
  • 法と競争
  • 道徳と競争
  • 第四章 闘争と集団 / p99
  • 闘争と集団の構造
  • 闘争と集団の集中化
  • 集中化された集団の行動
  • 集団間の闘争が集団に及ぼす影響
  • 集団の柔軟性と硬直性
  • 男性、女性および慣習
  • 内的および外的な対立と集団の結合
  • 集団形成の基礎としての闘争
  • 集団統一化の類型(国家と身分)
  • 防衛目的のための闘争
  • 敵対者相互の結合
  • 共通な抽象的気分
  • 距離
  • 闘争における同盟
  • 第五章 闘争の終結 / p128
  • 強調への要求
  • 闘争から平和へ平和から闘争へ
  • 闘争終結の動機
  • 客体の消滅による闘争の終結
  • 勝利
  • 妥協
  • 宥和
  • 非宥和性
  • 訳注 / p151
  • 解説 / p181
  • 訳者あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 闘争の社会学
著作者等 Simmel, Georg
堀 喜望
居安 正
ジンメル
書名ヨミ トウソウ ノ シャカイガク
シリーズ名 世界の思想 ; 6
出版元 法律文化社
刊行年月 1966
ページ数 212p 図版
大きさ 19cm
NCID BN07225219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想