悪魔を愛する者

ロビン・モーガン 著 ; 片岡しのぶ 訳

神話、宗教、芸術、国家、革命。あらゆる幻想にひそむ恐怖と性の関係をえぐり出し、大学闘争、ベトナム戦争、中東戦争など60年代から現在にいたる時代を戦いぬいた女の歴史を軸に、タナトスの政治からエロースの政治への道を提唱する。性と暴力の根源的関係を掘り下げるセクシュアリティの文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エブリマンズ・ポリティックス-暴力の民主化
  • 第2章 死の英雄-最古の職業
  • 第3章 愛死思想-宗教・哲学・美学
  • 第4章 公的テロリズム-男の国家
  • 第5章 ウォーガスム-革命の陶酔境
  • 第6章 代用テロリスト-デーモン・ラヴァーの女
  • 第7章 破滅への憧れ-私の辿った道
  • 第8章 "生きるというのがどんなことか、男にはわからないのよ"-中東からの報告
  • 第9章 恐怖の正常化-仲間の人質にあてた手紙
  • 第10章 恐怖を超えて-エロースの政治を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪魔を愛する者
著作者等 Elkann, Alain
Moravia, Alberto
Morgan, Robin
大久保 昭男
片岡 しのぶ
モーガン ロビン
書名ヨミ アクマ オ アイスル モノ
書名別名 The demon lover

テロリズムとセクシュアリティ

Akuma o aisuru mono
出版元 河出書房新社
刊行年月 1992.3
ページ数 490p
大きさ 20cm
ISBN 4309201709
NCID BN07225194
BN07577500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想