日本の食生活全集  11

日本の食生活全集埼玉編集委員会【編】

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの埼玉県の食生活を再現したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秩父山地の食-炭を焼き、柿もたわわな山里に育つ麦と桑
  • 大里・児玉の食-お蚕さんの世話上手、めん打ち上手は女の甲斐性
  • 入間台地の食-乾いた台地に茶の樹の緑、いも掘る里に機の音
  • 北足立台地の食-中山道の町で商い、大地の恵みを食して暮らす
  • 東部低地の食-開田の努力実った湿地帯、稲刈る鎌穂の重み
  • 川越商家の食-蔵造りの街の折目正しい暮らしと小江戸の味
  • 鋳物工場の共同給食-小僧さんたちへの「栄養食」が鋳物の町を支える
  • 武州の風土が育てた伝統の味
  • 人の一生と食べもの
  • 埼玉の食とその背景
  • 埼玉の食 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食生活全集
著作者等 小井川 敏子
小林 茂
日本の食生活全集埼玉編集委員会
中村 元一
五十嵐 万里子
古田 久子
宮岡 明弘
小澤 市郎
山田 正武
松澤 栄子
石野 敏子
黒澤 美智子
深井 隆一
書名ヨミ ニホン ノ ショクセイカツ ゼンシュウ
書名別名 聞き書埼玉の食事
巻冊次 11
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1992.2
ページ数 355, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4540910051
NCID BN07223621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92021717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聞き書埼玉の食事 「日本の食生活全集 埼玉」編集委員会
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想