韓国の経済発展と社会構造

滝沢秀樹 著

現代韓国社会の実証分析『韓国社会の転換』(1988年)に次ぐ社会分析と韓国での論争史に対する論評。地域単位の就業者動向や資本主義論争の個別論文を稠密に追求する著者独自の研究方法は、今日の世界史的激動の事実へ有効な架橋と視点を提供している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 韓国現代社会分析の視点
  • 第1章 経済成長と階層-韓国社会の矛盾と葛藤
  • 第2章 韓国の経済発展と社会変動
  • 第3章 韓国社会の階層構造と地域的特質-労働力市場の地帯構造的分析のための試論
  • 第4章 韓国における製造業労働者の構成とその地域的編成
  • 第5章 "韓国資本主義論争"と民族経済論
  • 第6章 "変革の思想"と"思想の変革"-「韓国社会性格論争」に関する日本人一社会科学従の所感
  • 補論 韓国社会性格論争の枠組

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国の経済発展と社会構造
著作者等 滝沢 秀樹
書名ヨミ カンコク ノ ケイザイ ハッテン ト シャカイ コウゾウ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1992.2
ページ数 327p
大きさ 21cm
ISBN 4275014529
NCID BN07222458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92026079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想