WISC知能診断検査法

児玉省, 品川不二郎 共著

[目次]

  • WISC知能診断検査法-児玉・品川1953年日本版標準化-
  • 目次
  • ウェックスラー博士序文
  • はしがき
  • 1954年改訂版序文
  • 第1部 総説
  • 第1章 WISCの特徵 / p6
  • 第2章 WISCの知能観 / p8
  • 第3章 日本版標準化の経過 / p13
  • (1) WISCの構成 / p13
  • (2) 標準化の対象 / p15
  • 第4章 統計的処理 / p18
  • (1) 粗点採点の準備 / p18
  • (2) 年齢別成績曲線 / p18
  • (3) 問題の選定 / p19
  • (4) 評価点の算出 / p29
  • (5) I.Q.の算出法 / p30
  • 第5章 内部相関と信賴度の検討 / p31
  • (1) 内部相関の検討 / p31
  • (2) 信頼度の検討 / p36
  • 第2部 検查の実施方法
  • 第6章 実施上の一般的注意 / p40
  • (1) WISCの複雑性 / p40
  • (2) 検査過程の重要性 / p40
  • (3) 記録について / p41
  • (4) 被検者に対する試問 / p41
  • (5) 解答が2個以上の場合 / p42
  • (6) 解答不能の場合 / p42
  • (7) 検査の順序 / p42
  • (8) 代替問題について / p43
  • (9) 幼児の検査 / p44
  • (10) 学校における検査 / p44
  • (11) クリニクにおける検査 / p44
  • (12) 検査者の資格 / p45
  • 第7章 各下位検査の実施法と採点法 / p46
  • (A) 言語性検査 / p46
  • 一般的知識 / p46
  • 一般的理解 / p48
  • 算数問題 / p50
  • 類似問題 / p53
  • 単語問題 / p55
  • 数唱問題 / p57
  • (B) 動作性検査 / p60
  • 絵画完成 / p60
  • 絵画配列 / p62
  • 積木模様 / p66
  • 組み合わせ問題 / p72
  • 符号問題 / p79
  • 迷路問題 / p82
  • 第8章 結果の処理方法 / p87
  • (1) 採点の経過 / p87
  • (2) 粗点の出し方 / p88
  • (3) 評価点の求め方 / p88
  • (4) I.Q.の求め方 / p88
  • (5) 下位検査を6問又は4問実施した場合のI.Q.の求め方 / p88
  • (6) 知能の段階 / p89
  • 第9章 本検査の利用方法 / p90
  • (A) 言語性検査と動作性検査の比較 / p90
  • (B) 下位検査の得点の比較 / p91
  • 第3部 採点基準及び解答例
  • (1) 一般的知識 / p100
  • (2) 一般的理解 / p101
  • (3) 類似問題 / p105
  • (4) 単語問題 / p108
  • (5) 迷路問題採点指針図 / p113
  • 第4部 換算表
  • (1) 評価点換算表 / p116
  • (2) I.Q.換算表 / p160
  • (3) 評価点修正表 / p162

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 WISC知能診断検査法
著作者等 児玉 省
品川 不二郎
書名ヨミ WISC チノウ シンダン ケンサホウ
書名別名 WISC chino shindan kensaho
出版元 日本文化科学社
刊行年月 1955 3版
版表示 改訂版
ページ数 162p
大きさ 22cm
NCID BN07220747
BN08182450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56004027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想