男流文学論

上野千鶴子 ほか著

有名男性作家六人と、それをめぐる評論を、真正面からたたき斬る。刺激的な鼎談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 吉行淳之介 砂の上の植物群・驟雨・夕暮まで
  • 島尾敏雄 死の棘
  • 谷崎潤一郎 卍・痴人の愛
  • 小島信夫 抱擁家族
  • 村上春樹 ノルウェイの森
  • 三島由紀夫 鏡子の家・仮面の告白・禁色
  • あとがき(石を投げる
  • 花江の悲劇
  • 批評のアンドロギュヌスへ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男流文学論
著作者等 上野 千鶴子
富岡 多恵子
小倉 千加子
書名ヨミ ダンリュウ ブンガクロン
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.1
ページ数 406p
大きさ 20cm
ISBN 448082278X
NCID BN0721747X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92026605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想