紛争と裁判の法社会学

棚瀬孝雄 著

「法化社会」を見すえ、法そのものへの統制をいかにして取り戻すべきか、という問題意識のもとに、あるべき裁判像を展望した実践的な裁判制度論を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 紛争解決過程の理論(紛争解決過程の理論枠組
  • 紛争と役割過程-紛争解決過程の社会的位置づけ
  • 裁判をめぐるインフルエンス活動)
  • 第2編 裁判外紛争処理過程の分析(準裁判過程の基礎理論
  • 裁判外の紛争処理機関
  • 自律型調停への期待-法化社会の調停モデル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紛争と裁判の法社会学
著作者等 棚瀬 孝雄
書名ヨミ フンソウ ト サイバン ノ ホウ シャカイガク
出版元 法律文化社
刊行年月 1992.2
ページ数 296, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4589016338
NCID BN07206429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想