メーソン : 第三等級の姉弟

ウィル・L.ガーヴァー 著 ; 尾高樹良 訳

アルフォンソ・コロノはメキシコの令名ある医者の息子として生まれ、3歳年下の妹があった。父母とも秘密兄弟団の会員であって、美しく賢明な母から、神秘的教説について理想的な教育を受けた。14歳の時、アデプト・アルバレスがコロノ家を訪れ、このときの不可思議な体験が一生を決定することになった。間もなく母と妹はフランスに向かって出帆したが、出港直後に嵐に出会い、消息不明となった。アルフォンソはそれから7年間、父から医学やもろもろの科学の教育を受け、21歳のときパリに赴くことになる。途中ロンドンにおいて、暴れ馬を御しかねていたイギリス王女ルイーズが、正体不明の男の魔法によって、危うく一命を取り止めたのを目撃する。パリに着いて、コロノは、秘密学校について概略の説明を与えられた後、医学と法律の勉強に専念する。1年の後、オペラ・ハウスに突如あらわれた女歌手は死んだと思っていた母であることが判明するが、再会は許されない。翌日メキシコの銀行から手紙が届き、父の突然の失踪を知らされる…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メーソン : 第三等級の姉弟
著作者等 Garver, Will L
尾高 樹良
ガーヴァー ウィル・L.
書名ヨミ メーソン
書名別名 Brother of the third degree
出版元 クエスト
刊行年月 1991.12
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 479524118X
NCID BN0718878X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想