未来としての過去 : ハーバーマスは語る

ユルゲン・ハーバーマス 著 ; 河上倫逸, 小黒孝友 訳

湾岸戦争、ドイツ統一、東欧危機以後ヨーロッパ世界はどう変わるか。コミュニケイション哲学の旗手ハーバーマスがその変化の相を読み解く刺戟的インタビュー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 湾岸戦争はドイツの新たな正常化の触媒となったのか?
  • 規範性の欠けたドイツ統一
  • 未来としての過去
  • ヨーロッパの二度目のチャンス
  • 理論には何が可能で、何が不可能なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来としての過去 : ハーバーマスは語る
著作者等 Habermas, Jürgen
小黒 孝友
河上 倫逸
Habermas Jurgen
ハーバーマス ユルゲン
書名ヨミ ミライ ト シテノ カコ
書名別名 Vergangenheit als Zukunft
出版元 未来社
刊行年月 1992.2
版表示 第2刷
ページ数 158p
大きさ 20cm
ISBN 4624011074
NCID BN07181044
BN11482634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92026029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想