芸術学フォーラム  1

谷村晃 [ほか]責任編集

ルネサンスからカント、フィードラーによる自立的学の基礎づけを経て、現在に至る<芸術学>の理論と、<美と芸術のかたち>の変遷を検証し、今後を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 芸術学の成立(芸術学前史-芸術と芸術作品
  • 美学の展開-美的経験をめぐって
  • 「芸術学」を支えるもの-芸術の自立性
  • 芸術学の応用-音楽学の場合)
  • 2 芸術学の展開(基礎概念の時代
  • 解釈の時代
  • フランスの動向)
  • 3 芸術学の現在(芸術学の可能性-フォルモロジーについて
  • 美術史学の「危機」とその克服
  • 美術史のいくつかの根本問題について)
  • 4 美のかたち・芸術のかたち(美と崇高
  • フモールの近代性-滑稽の諸範疇におけるその位置と美的限界
  • UT PICTURA POESIS-絵画の18世紀
  • 古典的とロマン的あるいは彫塑的と音楽的-ドイツ啓蒙主義から観念論にいたる美学における記号観の変容に則して
  • 絵画と音楽-芸術の近代性
  • ジャンルの解体-モダニズムの逆説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術学フォーラム
著作者等 Henckmann, Wolfhart
三浦 信一郎
上倉 庸敬
井面 信行
佐々木 健一
加藤 哲弘
大森 淳史
太田 喬夫
小林 留美
小田部 胤久
山下 純照
岩城 見一
木村 和実
物部 晃二
田中 英道
神林 恒道
谷川 渥
谷村 晃
書名ヨミ ゲイジュツガク フォーラム
書名別名 芸術学の軌跡
巻冊次 1
出版元 勁草書房
刊行年月 1992.1
ページ数 314, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4326848367
NCID BN07161455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
芸術学の軌跡 神林恒道 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想