鹿児島県史  第1巻

鹿児島県 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說
  • 第一章 地理槪說 / 1
  • 第二章 時代の推移 / 13
  • 第一編 神代
  • 第一章 天孫の御降臨 / 19
  • 第二章 三代の御經論 / 27
  • 第二編 國造時代
  • 第一章 熊襲の服屬 / 35
  • 第二章 隼人と肥人 / 40
  • 第三章 遺蹟遺物上よりの考察 / 50
  • 第四章 國造縣主の設置と諸豪族 / 65
  • 第三編 國司時代
  • 第一章 大化改新と二國一島の設置 / 81
  • 第二章 南島經營と多褹國廢止 / 89
  • 第三章 隼人の反亂と京畿に於ける隼人 / 104
  • 第四章 國司の職制と民政一班 / 118
  • 第五章 郡郷の沿革 / 151
  • 第六章 騷路と海上交通 / 172
  • 第七章 社寺と社寺領の發達 / 182
  • 第八章 島津庄の起原とその發達 / 216
  • 第九章 在廳官人と郡司の擡頭 / 235
  • 第四編 守護時代
  • 第一章 薩隅兩國の守護 / 251
  • 第二章 庄園の推移 / 272
  • 第一節 庄園の槪觀 / 272
  • 第二節 薩摩の庄園と諸豪族 / 281
  • 第三節 大隅の庄園と諸豪族 / 358
  • 第三章 元寇と薩隅兩國の將士 / 408
  • 第四章 皇家中興と薩隅兩國の情勢 / 431
  • 第一節 征西大將軍宮御下向以前の情勢 / 431
  • 第二節 征西大將軍宮御入薩以後の情勢 / 460
  • 第三節 島津貞久の老退と其後の情勢 / 485
  • 第四節 今川了俊の州九下向後の情勢 / 514
  • 第五章 室町幕府時代の薩隅 / 537
  • 第六章 海外との通交 / 575
  • 第五編 分國時代
  • 第一章 島津氏の三州統一 / 657
  • 第二章 島津氏の九州制覇 / 709
  • 第三章 豐臣時代の薩隅 / 734
  • 第一節 秀吉の九州經略 / 734
  • 第二節 文祿役と島津氏 / 748
  • 第三節 文祿の檢地 / 762
  • 第四節 慶長役と島津氏 / 776
  • 第五節 關ケ原役と島津氏 / 792
  • 第四章 文敎の興起と制度の更新 / 802
  • 第一節 禪宗の興隆と宋學の布唱 / 802
  • 第二節 日新齋の敎化と武將の學藝 / 821
  • 第三節 諸制度の發達 / 845

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鹿児島県史
著作者等 鹿児島県
書名ヨミ カゴシマ ケンシ
巻冊次 第1巻
出版元 鹿児島県
刊行年月 昭14至15
版表示 第三次復刊
ページ数 2冊
大きさ 22cm
NCID BB16886567
BN07812269
BN07156273
BN07913947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46047608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想