黄金郷伝説 : エル・ドラードの幻

大貫良夫 著

全身に金を塗ったエル・ドラード、女戦士アマソナスの村、密林にひろがる肉桂の国、黄金の都マノア…。インカ帝国の征服以来、冒険者たちを魅了し続けた黄金郷の伝説。アンデスの「人面金冠」発掘で知られる人類学者が、南米にくりひろげられた探検者のドラマを活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 クントゥル・ワシの人面金冠
  • 2 コロンのアメリカ発見
  • 3 インカ帝国の黄金
  • 4 「エル・ドラード」の誕生
  • 5 アマゾンの国
  • 6 黄金の都マノア
  • 7 ブラジルの血塗られた黄金
  • 8 地球を測ったフランス人
  • 9 博物学者の黄金郷
  • 10 科学のエル・ドラード
  • 11 アンデス文明の遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金郷伝説 : エル・ドラードの幻
著作者等 大貫 良夫
書名ヨミ オウゴンキョウ デンセツ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.1
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 4061490842
NCID BN07147669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92022904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想