長期波動

イマニュエル・ウォーラーステイン 責任編集 ; 山田鋭夫 他訳

今世紀社会科学の前領野を包括する!経済・史的システム・文明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 長期波動の研究はなぜ論争的なのか
  • 資本主義世界経済の循環リズムと長期的トレンド-いくつかの前提、仮説、問題
  • 書評論文 コンドラチェフ波動は上昇しているのか下降しているのか
  • 資本主義的プロセスとしての長期波動
  • 長期波動と労働過程変化
  • 1780年から2000年までの長期波動の解釈のために
  • 6ヵ国の長期波動-新しい方法にもとづく諸結果と考察
  • 段階的多項式回帰-近道か、回り道か
  • 循環をめぐる問題-ブリルへの回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長期波動
著作者等 Wallerstein, Immanuel Maurice
山田 鋭夫
Wallerstein Immanuel
ウォーラーステイン イマニュエル
宇仁 宏幸
岡久 啓一
遠山 弘徳
書名ヨミ チョウキ ハドウ
シリーズ名 叢書<世界システム> 2
出版元 藤原書店
刊行年月 1992.1
ページ数 217p
大きさ 22cm
ISBN 4938661411
NCID BN07137268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92023073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想