南と北の子どもたち : 他者・世界へ

楠原彰 著

孤独と虚無の中で絶望する日本の子どもたち。「生きたい生きたい」と叫びながら死んでいく第三世界の子どもたち。両者をつなぐことなくして人間解放はない!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 同時代の子どもたち・若者たち(第三世界の子どもたち・日本の子どもたち
  • 希望
  • 二つの世界の子どもたち
  • 日本の学校を第三世界にどう開くか)
  • 第2章 沈黙の文化・沈黙の文法-I.イリイチとP・フレイレ(教育における二つの沈黙
  • 沈黙の文化に抗して
  • パウロ・フレイレへのインタビュー)
  • 第3章 子どもたちの「関係」(横浜「浮浪者」襲撃事件
  • オー君の自死に面して
  • 子どもが元気よく生きられる「関係」
  • オー君問題を考える
  • 「関係」を変えよう
  • 並木からの眺め
  • オー君、戦争が始まったよ!)
  • 第4章 他者・私・世界-豊かな交わりを求めて(民衆文化私感
  • 私とは何者なのか?
  • 風景の中のルソー
  • 子どもの危機・人間の危機
  • 真壁仁先生
  • 「あたりまえの関係」ということ
  • 羊の時間
  • 黒い闇、白い闇
  • 外の世界へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南と北の子どもたち : 他者・世界へ
著作者等 楠原 彰
書名ヨミ ミナミ ト キタ ノ コドモタチ
出版元 亜紀書房
刊行年月 1991.11
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 4750591238
NCID BN0713469X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想