PLOと湾岸戦争

バカル・アブデル・モネム 著 ; 関場理一 訳

[目次]

  • パレスチナ駐日代表のインタビュー・講演(湾岸危機とPLO
  • 米軍の撤退こそ平和達成の第一条件
  • 外国軍の駐留には反対、イスラエルにも圧力を
  • パレスチナ人大量殺傷、弾圧に屈せず
  • 日本人人質、「使節派遣で新たな解放も」
  • パレスチナ人民の正義の闘いに支援を
  • アラブ内での解決が唯一の方法
  • PLOは日本政府の姿勢を高く評価
  • 「中東の"政治的台風"は必ず平和的に解決する!!」
  • 湾岸危機とパレスチナ人民の闘い ほか)
  • 参考資料・パレスチナ常駐総代表部の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 PLOと湾岸戦争
著作者等 Munem, Baker Abdel
関場 理一
モネム バカル・アブデル
書名ヨミ ピーエルオー ト ワンガン センソウ
出版元 第三書館
刊行年月 1991.11
ページ数 294p
大きさ 20cm
NCID BN07132617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92034929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想