アメリカ南部の工業化 : 南部綿業の展開(1865-1930年)を基軸にして

富沢修身 著

本書は、南北戦争後から大恐慌までの時期のアメリカ南部の工業化を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 研究史の回顧と本書の課題
  • 第1編 アメリカ南部ピードモント地域の経済構造(アメリカ南部電力事業の展開
  • アメリカ南部ピードモント地域とデューク資本
  • 高地ピードモント地域農業の位置と性格)
  • 第2編 アメリカ南部綿業企業の資本蓄積-その2類型(南北戦争後の南部綿業に関する「プランター・工業家」説の検討
  • ホルトー族の綿業企業
  • キャノン綿業企業チェーンの形成と統合)
  • 第3編 アメリカ南部綿業における労働と労働争議、人種差別(アメリカ南部綿業と児童労働
  • アメリカ南部綿業における労働争議
  • 南部綿業と人種差別)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ南部の工業化 : 南部綿業の展開(1865-1930年)を基軸にして
著作者等 富沢 修身
書名ヨミ アメリカ ナンブ ノ コウギョウカ
書名別名 Amerika nanbu no kogyoka
出版元 創風社
刊行年月 1991.12
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4915659437
NCID BN07119710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想