インド哲学概論

村上真完 著

[目次]

  • 序章 インド哲学とは何か
  • 第1章 世界と自己<存在論>(体系以前における種々の模索
  • <一元論的世界観>の発見
  • 二元論の哲学
  • 一元論の哲学
  • 多元論の哲学
  • 唯物論と唯心論)
  • 第2章 認識の構造<認識論>(実在論学派の認識の構造
  • 二元論学派の認識の構造
  • 一元論学派の認識論
  • ジャィナの知識論
  • 真知論と誤知論と懐疑論)
  • 終章 余論(その他の諸問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インド哲学概論
著作者等 村上 真完
書名ヨミ インド テツガク ガイロン
書名別名 Indo tetsugaku gairon
出版元 平楽寺書店
刊行年月 1991.9
ページ数 451p
大きさ 22cm
NCID BN07108791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想