究極の加速器SSCと21世紀物理学 : 宇宙と物質の謎をどこまで解けるか

森茂樹 著

今世紀後半、高エネルギー粒子加速器によって、原子核を構成している陽子と中性子はさらに小さなクォークからできていることがわかった。また、自然界の4つの力のうちの電磁気力と弱い力を統一する電弱理論も、正しい理論として確立された。そこで次に、粒子の質量や対称性の破れの由来、クォークの構造といった問題を探り、宇宙と物質と力の根源に迫る21世紀の物理学を切り開くことを期待されているのが、超伝導超大型加速器SSCである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原子物理学の世界
  • 電子の発見
  • 原子核の発見
  • 原子を支配する物理法則
  • 素粒子の世界に重要な相対性理論
  • 原子核の正体
  • クォーク以前の素粒子物理
  • クォーク
  • 素粒子の標準理論
  • 謎として残る問題
  • 素粒子物理を支えてきた加速器技術
  • フェルミ研テバトロン
  • SSCプロジェクト
  • SSCの素粒子検出器
  • 21世紀における素粒子物理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 究極の加速器SSCと21世紀物理学 : 宇宙と物質の謎をどこまで解けるか
著作者等 森 茂樹
書名ヨミ キュウキョク ノ カソクキ エスエスシー ト ニジュウイッセイキ ブツリガク
書名別名 Kyukyoku no kasokuki esuesushi to nijuisseiki butsurigaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1992.1
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 4061329030
NCID BN07104553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92023212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想