父の終焉日記・おらが春 : 他一篇

小林一茶 著 ; 矢羽勝幸 校注

たまたま帰省中の一茶(1763‐1827)は、父を急病で失い初七日を迎えることとなった。その三十余日間を、日記形式で綴った『父の終焉日記』。日々衰弱してゆく父の姿と遺産問題を端に発した継母・義弟との確執がなまなましく描かれている。他に、56歳でもうけた娘さとの誕生と死を主題にまとめた『おらが春』と、『我春集』を収める。

「BOOKデータベース」より

たまたま帰省中の一茶は、父を急病で失い初七日を迎えることとなった。その三十余日間を、日記形式で綴った『父の終焉日記』。日々衰弱してゆく父の姿と遺産問題に端を発した継母・義弟との確執がなまなましく描かれている。他に、56歳でもうけた娘さとの誕生と死を主題にまとめた『おらが春』と、『我春集』を収める。

「BOOKデータベース」より

たまたま帰省中の一茶は、父を急病で失い初七日を迎えることとなった。その三十余日間を、日記形式で綴った『父の終焉日記』。日々衰弱してゆく父の姿と遺産問題に端を発した継母・義弟との確執がなまなましく描かれている。他に、56歳でもうけた娘さとの誕生と死を主題にまとめた『おらが春』と、『我春集』を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 父の終焉日記(日記本文
  • 日記別記
  • 日本書入)
  • おらが春
  • 我春集

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 父の終焉日記
  • おらが春
  • 我春集

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 父の終焉日記
  • おらが春
  • 我春集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父の終焉日記・おらが春 : 他一篇
著作者等 小林 一茶
矢羽 勝幸
書名ヨミ チチ ノ シュウエン ニッキ オラガ ハル
書名別名 おらが春

Chichi no shuen nikki oraga haru
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.1
ページ数 323p
大きさ 15cm
ISBN 4003022343
NCID BN07102456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92025146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
おらが春
我春集
父の終焉日記
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想