日本海繁盛記

高田宏 著

近世から近代にかけて、日本海には北海道から佐渡・能登をへて大阪へ至る海上の道があった。鰊〆粕、米、木材などを運ぶこの大動脈の主役「北前船」は、人びとの勇気や気概ものせ、沿岸各地を繋いでいた。海商や船乗りたちの足跡を出身地や寄港地にたどり、海に結びついた暮らし、その豊かでのびやかな文化を再発見する歴史エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本海
  • 第1章 福浦港にて
  • 第2章 江差港にて
  • 第3章 北前船橋立村
  • 第4章 海の男たちの日々
  • 第5章 北前船瀬越村
  • 終章 落日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本海繁盛記
著作者等 高田 宏
書名ヨミ ニホンカイ ハンジョウキ
書名別名 Nihonkai hanjoki
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.1
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4004302080
NCID BN07097301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92023421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想