茶の湯事始 : 初期茶道史論考

筒井紘一 著

戦国時代末期の乱世に発展した茶道文化は、書院茶と草庵茶という二つの流れをもって人々の間に浸透した。両者を統一し、大成したのが千利休である。相阿弥作とされる『長歌茶湯物語』をはじめ様々な資料を駆使して、茶道点前の成立、炭・灰の仕様、懐石料理の誕生などを具体的に論じ、珠光から紹鴎をへて利休に到る初期茶道の様相を鮮やかに再現する。次代のあるべき茶道界の姿をも示唆する好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 茶道点前の成立
  • 第2章 伝相阿弥『長歌茶湯物語』と初期茶道
  • 第3章 茶の湯事始
  • 第4章 茶の湯灰・炭考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の湯事始 : 初期茶道史論考
著作者等 筒井 紘一
書名ヨミ チャノユ コトハジメ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.1
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 406159009X
NCID BN07092294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想