中国哲学

宇野哲人 著

東洋思想研究の泰斗として知られた著者は、本書前篇において中国哲学の起源から清朝思想までの歴史的推移を通観する。後篇では博大多岐にわたる中国思想を<宇宙論><倫理説><政治説>の3主題に整頓して簡明に概説。読者は高邁な中国哲学の流れと重点を的確に領会することができる。近年益々明らかになる西欧近代思想の欠陥を踏み越え、東西両洋の最高叡知の「地平融合」へと向かうための必読の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前篇 歴史的概観(支那哲学の起源
  • 春秋戦国時代
  • 秦の統一
  • 両漢思想界
  • 魏晋時代
  • 六朝時代
  • 唐代の思想
  • 宋代哲学
  • 明儒の学
  • 清朝の思想)
  • 後篇 主要問題概説(宇宙論
  • 倫理説
  • 政治説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国哲学
著作者等 宇野 哲人
書名ヨミ チュウゴク テツガク
書名別名 Chugoku tetsugaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.1
ページ数 275p
大きさ 15cm
ISBN 4061590081
NCID BN0709224X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92018495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想