起し絵図建築 : 楽しく作り空間を読む

西和夫 著

起し絵図は、簡単に言えば模型と中間的存在である。外壁や間仕切り壁を描いた紙の下端を平面図に貼り付けたもので、壁を立て起こし、組み立てれば立体的になる。本書は、起し絵図を実際に作ってみることを通して、起し絵図とは何かを考え、日本建築の特色にも思いを及ぼすことを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 起し絵図とは何か(起し絵図の特質
  • 起し絵図の実例)
  • 2 起し絵図を作る(7点の起し絵図
  • 各起し絵図の特色
  • 各起し絵図の作りかた)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 起し絵図建築 : 楽しく作り空間を読む
著作者等 西 和夫
書名ヨミ オコシ エズ ケンチク
出版元 彰国社
刊行年月 1989.4
ページ数 109p
大きさ 30cm
ISBN 4395270417
NCID BN07090131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89054959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想