魔剣伝  黄昏ノ段

流星香 著

時は戦国、氷上の名主に拾われたコナタは快活な少年だった。しかし、戦の終わった戦場で青の魔剣と出会った日から、コナタの運命は一変する。己の出生の秘密を知ったコナタは、運命の導くまま「男でありながら女であるもの」へと変化して京に上る。一方、赤の魔剣の所有者シナは織田信長の元にあった。二振りの魔剣が再び相まみえ火花を散らす-。長編歴史ファンタジー、完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔剣伝
著作者等 流 星香
書名ヨミ マケンデン
書名別名 Makenden
シリーズ名 ファンタジーノベル・シリーズ
新潮文庫
巻冊次 黄昏ノ段
出版元 新潮社
刊行年月 1991.9
ページ数 363p
大きさ 15cm
ISBN 4101246122
NCID BN07086713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91068913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想