神の思想と人間の自由

ヴォルフハルト・パネンベルク 著 ; 座小田豊, 諸岡道比古 訳

キリスト教の信仰と神が「近代的な自由の条件」と洞察するヘーゲルの立場にくみし、人間学の観点から「神」についてのさまざまな思想(観念・イメージ・理念・理論等々)の積極的な意義を解き明かす。「人間とはなにか」の根源的な問いに普遍的射程を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間学と神の問題
  • 第2章 無神論の批判に直面して神について語ること
  • 第3章 キリスト教神学と哲学的批判
  • 第4章 ヘーゲル哲学におけるキリスト教の意義
  • 第5章 近代のキリスト教的正統性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の思想と人間の自由
著作者等 Pannenberg, Wolfhart
座小田 豊
諸岡 道比古
パネンベルク ヴォルフハルト
書名ヨミ カミ ノ シソウ ト ニンゲン ノ ジユウ
書名別名 Gottesgedanke und menschliche Freiheit. 2.Aufl
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 351
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.12
ページ数 182p
大きさ 20cm
ISBN 4588003518
NCID BN07064007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92027242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想