セックス・シンボルの誕生

秋田昌美 著

十九世紀に発見された女性のセクシュアリティは映像メディアの発達とともに大きな変貌を遂げる。ピンナップ・ガールズからSMの「女王」まで、メディアの欲望が生産した「理想の女性像を」を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グラマーとピンナップ・ガールズの誕生(性のイコン「ヴァンプ」の誕生
  • 「レッグ・アート」と1920年代
  • ピンナップ写真のオナニズム空間
  • ハリウッド女体美改造計画
  • バーレスクとエキゾチズムの流行)
  • 第2章 メディアのセックス・カルト・イメージ(ビーチ・パーティーとセックス・エクスプロイテーション
  • 大衆メディアとB&Dイメージ
  • ラス・メイヤーと巨乳帝国の夢
  • 巨乳シネマの一系譜-ドリス・ウィッシュマン
  • 女囚映画のイコン)
  • 第3章 ドミナと世紀末(世紀末のSM隆盛
  • 鞭を持つ女
  • ブーツの女
  • 乗馬服の女アマゾン
  • エリスと聖水
  • SMのシンボリズムと権力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セックス・シンボルの誕生
著作者等 秋田 昌美
書名ヨミ セックス シンボル ノ タンジョウ
出版元 青弓社
刊行年月 1991.11
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4787210114
NCID BN07059073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想