国芳の狂画

歌川国芳 画 ; 稲垣進一, 悳俊彦 編著

徳川300年の鎖国時代。閉塞された時空のなかで、ユーモアとウィットに富んだ痛快な狂画を描いた画家がいる。浮世絵師・歌川国芳。彼の残した数々の狂画のなかには、現代の漫画家の作品をはるかに凌ぐ「笑いの文化」がつめ込まれている。まさに抱腹絶倒。抑圧された江戸庶民のエネルギーが、一つひとつの作品からほとばしっている。本書は、幕末最大の漫画家ともいえる奇才・国芳の狂画の世界を一挙に紹介。現代の漫画の原点となる貴重な作品を収録している。浮世絵・美術愛好家のみならず、ユーモアの世界を忘れかけた現代人・必見の書だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動物たちのパラダイス
  • 第2章 人間万華鏡
  • 第3章 百面相千変万化
  • 第4章 陽気な神々と妖怪たち
  • 国芳の生涯
  • 国芳の狂画とその時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国芳の狂画
著作者等 悳 俊彦
歌川 国芳
稲垣 進一
書名ヨミ クニヨシ ノ キョウガ
書名別名 Kuniyoshi no kyoga
出版元 東京書籍
刊行年月 1991.10
ページ数 205p
大きさ 31cm
ISBN 4487752728
NCID BN07055527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92005215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想