臓器移植をどう考えるか : 移植医が語る本音と現状

秋山暢夫 著

これまでの経過と考え方を当事者の一人が卒直に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 臓器移植の歴史
  • 2 脳死臨調の中間意見
  • 3 脳死と臓器移植
  • 4 厚生省「脳死に関する研究班」による脳死判定基準の補遺
  • 5 東大医科研における脳死腎移植
  • 6 東大医科研の肝移植の準備
  • 7 東大医科研倫理委員会
  • 8 倫理委員会承認後の医科研肝移植チーム
  • 9 日本移植学会特別委員会
  • 10 脳死、臓器移植をめぐる誤解
  • 11 生体部分肝移植
  • 12 移植免疫反応
  • 13 FK506
  • 14 インフォームドコンセント
  • 15 臓器移植とマスメディア
  • 16 臓器移植システムと移植コーディネーター
  • 17 脳死臓器移植とわが国の医療
  • 18 脳死と臓器移植のキーワード

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臓器移植をどう考えるか : 移植医が語る本音と現状
著作者等 秋山 暢夫
書名ヨミ ゾウキ イショク オ ドウ カンガエルカ
書名別名 Zoki ishoku o do kangaeruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.12
ページ数 279p
大きさ 18cm
ISBN 4061329006
NCID BN07044600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想