電線のスズメはなぜ感電しない : 電気&絶縁の初歩の初歩

速水敏幸 著

電気の世界では絶縁はきわめて重要な役割をもっている。私たちが使うどの電気製品も、電気を導く導体と電気をさえぎる絶縁体とで構成されている。むだなく電気を使おうとすると、高い電圧に耐える優秀な絶縁体が必要となる。ここでは<電線のスズメ>に名をかりて、興味深い絶縁の世界を探ってみよう。このほか、雷、放電、発電、送電、オームの法則など電気に関することなら何でもにぎやかに登場する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 電気はどうして発生するか
  • 2章 静電気と放電の親玉は雷雲と雷
  • 3章 磁石が電気をつくる
  • 4章 どうして絶縁するか
  • 5章 絶縁材料とは
  • 6章 電力を輸送する
  • 7章 高電圧用の機器とケーブルとは
  • 8章 感電とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電線のスズメはなぜ感電しない : 電気&絶縁の初歩の初歩
著作者等 速水 敏幸
書名ヨミ デンセン ノ スズメ ワ ナゼ カンデンシナイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.12
ページ数 261, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4061328980
NCID BN07044575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想