国際金融現場からの証言 : 日銀からみた激動の三〇年

太田赳 著

60年代から今日に至る30年間は、日本が国際金融社会に復帰し、G5の仲間入りを果した時代である。その間、国際通貨と国際金融システムは幾多の変遷と試練に遭遇したが、国際協調を通じて危機を乗り切ってきた。今後、93年のBIS規制実現、金融バブル再発防止、東欧・ソ連への支援、債務累積国問題が控えている。中央銀行マンとしての現場体験を踏まえて、これら国際金融の大きな流れを捉え、日本の課題と責任を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際金融の枠組み
  • 第2章 国際金融舞台への日本の登場-1960‐70年代の国際金融(国際金融社会への復帰
  • 国際金融社会での地位の高まり)
  • 第3章 80年代の国際金融と日本の役割-国際舞台での日本の躍進(80年代前半における日本の役割
  • 80年代後半における日本の役割)
  • 第4章 90年代の国際金融の展望と日本の課題
  • 第5章 国際金融における中央銀行の責任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際金融現場からの証言 : 日銀からみた激動の三〇年
著作者等 太田 赳
書名ヨミ コクサイ キンユウ ゲンバ カラノ ショウゲン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.12
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4121010507
NCID BN07037911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92024598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想