ギリシア案内記  下

パウサニアス 著 ; 馬場恵二 訳

2世紀に書かれた古代ギリシア旅行案内書。本巻では、コリントを振り出しにアルゴリス地方フォキス地方を案内、コリントでは王女メデイアの古伝を語り、ミケネ遺跡では獅子門をくぐりアガメムノンの墓を訪ねる。同遺跡はその1700年後、本書に導かれたシュリーマンによって発掘されることになる。

「BOOKデータベース」より

2世紀に書かれた古代ギリシア旅行案内書。本巻では、コリントを振り出しにアルゴリス地方(原書第2巻)、フォキス地方(同第10巻)を案内、コリントでは王女メデイアの古伝を語り、ミケネ遺跡では獅子門をくぐりアガメムノンの墓を尋ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コリント、アルゴリス(コリントの名称由来と現状
  • ポセイドンの聖所
  • 外港レカイオンとケンクレアイ ほか)
  • フォキス(ダウリスからデルフォイまで
  • アポロン神殿の古伝
  • デルフォイ市の古伝
  • ピュティア競技会の歴史 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2巻 コリント、アルゴリス(コリントの名称由来と現状
  • コリント地峡(イストモス)
  • ポセイドンの聖所
  • 外港レカイオンとケンクレアイ ほか)
  • 第10巻 フォキス(フォキス史
  • パノペウス
  • ダウリス
  • ダウリスからデルフォイまで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア案内記
著作者等 Pausanias
馬場 恵二
Περιηγησισ Ελλαδοσ
パウサニアス E.
パウサニアス
書名ヨミ ギリシア アンナイキ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.2
ページ数 441p
大きさ 15cm
ISBN 4003346025
NCID BN07037503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92025811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想