究極の宇宙法則

アブダス・サラム 著 ; 和田純夫 訳

膨張する宇宙から極微の素粒子にいたるまで、自然界はきわめて多様に変転している。しかし、この自然界はたった4種類の力の結果なのだ。では自然界の4つの力を統一して理解することができるだろうか。アインシュタインの統一理論の夢はかなうだろうか。ノーベル賞受賞者サラムが、自ら統一理論とは何かをやさしく紹介し、宇宙全体をつらぬく究極の大統一理論の可能性を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 究極の宇宙法則(物理における統一概念
  • 基本粒子と核力
  • 電磁気と弱い核力の統一
  • ゲージ力と標準模型
  • 標準模型を越えて)
  • 理論、批判、そして哲学
  • 理論物理学の方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 究極の宇宙法則
著作者等 Salam, Abdus
和田 純夫
サラム アブダス
書名ヨミ キュウキョク ノ ウチュウ ホウソク
書名別名 Unification of fundamental forces

Kyukyoku no uchu hosoku
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.12
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 4000052373
NCID BN07036715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想