転換期の家族法

島津一郎 著

[目次]

  • 第1部 家族(戦後における家族の変化と家族法
  • 家族関係の契約化について
  • 家族財産について)
  • 第2部 婚姻と離婚(不貞行為と損害賠償
  • 相互有責の法理に代わるもの
  • わが国における離婚および離婚手続の若干の特徴
  • わが家庭裁判所における調整サービスの位置づけについて
  • 家庭裁判所における離婚とカウンセリング)
  • 第3部 子どもの福祉(子の監護をめぐる二つのハード・ケース
  • 「未婚の母事件」最終判決の構造
  • 子の利益とはなにか
  • "共同監護"はわが民法上可能か
  • 子どもの権利の台頭)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の家族法
著作者等 島津 一郎
書名ヨミ テンカンキ ノ カゾクホウ
書名別名 Tenkanki no kazokuho
出版元 日本評論社
刊行年月 1991.12
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 4535579660
NCID BN07034888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想