会話を楽しむ

加島祥造 著

思わず話が弾んだり、新しい発見に満ちた楽しい会話を交わす-。そんな体験は誰にもある。しかし、日常生活では、それがまれなのはなぜなのか。英米文学に長く親しんだ著者が、日本人の会話と会話意識を欧米人のそれと対比させながら、会話を本当に楽しむための秘訣を説き明かす。人生を豊かにする会話へのユニークな案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 話と会話
  • 2 平凡さとその効用
  • 3 私たちの会話意識
  • 4 さまざまな会話段階
  • 5 独演家と相槌屋について
  • 6 会話とゴルフ・レッスン
  • 7 「なぜなら」と「描写」と
  • 8 退屈屋
  • 9 ミス・リードの話
  • 10 母親の舌
  • 11 言ってはならぬこと
  • 12 ゆっくり話すこと
  • 13 オープンな心について
  • 14 ブダル・スタンダードと対等観について
  • 15 輝かしい会話
  • 16 会話の発見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会話を楽しむ
著作者等 加島 祥造
書名ヨミ カイワ オ タノシム
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.12
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4004301971
NCID BN07030457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92022087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想