都市の資本論 : 都市空間形成の歴史と理論

D.ハーヴェイ 著 ; 水岡不二雄 監訳

都市をはじめとする社会・経済空間の編成原理とその地理的不均等発展にかんする新しい理論体系を提示した、都市論の革新。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資本主義のもとでの都市過程:分析の枠組み
  • 第2章 資本主義的蓄積の地理学:マルクス主義理論の再構築にむけて
  • 第3章 階級独占地代、金融資本、および都市革命
  • 第4章 資本主義のもとでの地代
  • 第5章 階級構造と居住分化の理論
  • 第6章 資本主義の地理的不均等発展のなかで都市政治が占める位置
  • 第7章 プランニングのイデオロギーのプランニング
  • 第8章 資本のつくる都市空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市の資本論 : 都市空間形成の歴史と理論
著作者等 Harvey, David
水岡 不二雄
ハーヴェイ デイヴィド
書名ヨミ トシ ノ シホンロン
書名別名 The urbanization of capital
出版元 青木書店
刊行年月 1991.12
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 4250910407
NCID BN07023870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想