日本留学精神史 : 近代中国知識人の軌跡

厳安生 著

日清戦争から辛亥革命にいたるまでの間、清朝末期の中国から明治の日本に大勢の男女学生が渡来した。東アジアの歴史変動のなかにあって彼らはいったいいかなる精神のドラマを体験したか。数多くの例に即して、その意味を内在的に明らかにする。十年来の歳月をかけてこのテーマに取り組んできた、中国人である著者にして初めて描きだしえたユニークな近代日中交流精神史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本留学と「中体西用」
  • 第2章 神山・梁山泊・「文明商販」-留学生の抱いた日本像
  • 第3章 「人類館」現象と「遊就館」体験
  • 第4章 在日留学生と日露戦争
  • 第5章 日本到着前後・硬軟両様の摩擦
  • 第6章 留学生活にみる諸生態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本留学精神史 : 近代中国知識人の軌跡
著作者等 厳 安生
書名ヨミ ニホン リュウガク セイシンシ
書名別名 Nihon ryugaku seishinshi
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.12
ページ数 380p
大きさ 20cm
ISBN 400001689X
NCID BN07022947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想