労働時間白書 : 労働時間短縮の現状と課題

労働省労働基準局賃金時間部労働時間課 編著

本書は、今や我が国にとって最重要課題となった労働時間問題について、読者にさまざまな角度からの材料を提供し、労働時間短縮を進める上でどのような問題があり、どう対処すべきかを明らかにすることを意図している。このため、労働時間の実態を各種統計資料によりできるだけ詳細にみるとともに、労働時間短縮を経済社会全体の中で考察し、現在の労働時間短縮対策を解説するとともに、これからの課題について展望している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 進展する労働時間短縮
  • 第2章 労働時間短縮をめぐる意識と課題
  • 第3章 労働時間短縮と日本経済
  • 第4章 年間1,800時間に向けた労働時間短縮の推進と課題
  • 第5章 「ゆとり創造社会」の実現に向けての労働時間短縮対策について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働時間白書 : 労働時間短縮の現状と課題
著作者等 労働省労働基準局
労働省労働基準局賃金時間部労働時間課
書名ヨミ ロウドウ ジカン ハクショ
出版元 日本労働研究機構
刊行年月 1991.12
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 4538410969
NCID BN07014993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92014542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想