ノースロップ・フライのシェイクスピア講義

ノースロップ・フライ 著 ; ロバート・サンドラー 編 ; 石原孝哉 ほか訳

ノースロップ・フライは、カナダの生んだ今世紀最大の学者・批評家である。『批評の解剖』、『同一性の寓話』等によって、壮大にして緻密な神話批評体系を構築。古今の文学作品のなかに時空を超えた同一性を追求し、作品解釈より文学をその起源まで遡って、これを体系化する文学形態論を目指す。本書は、宇宙や神話から始まった彼の壮大な批評体系が、次第にその網の目を絞り、ついにシェイクスピアの個々の作品に適用された文字通りの「最終講義」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『ロミオとジュリエット』
  • 『夏の夜の夢』
  • ボリンブルック劇-「リチャード二世」、「ヘンリー四世」
  • 『ハムレット』
  • 『リア王』
  • 『アントニーとクレオパトラ』
  • 『尺には尺を』
  • シェイクスピアのロマンス-『冬物語』
  • 『あらし』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノースロップ・フライのシェイクスピア講義
著作者等 Frye, Northrop
Sandler, Robert
市川 仁
林 明人
石原 孝哉
サンドラー ロバート
フライ ノースロップ
書名ヨミ ノースロップ フライ ノ シェイクスピア コウギ
書名別名 Northrop Frye on Shakespeare
出版元 三修社
刊行年月 1991.12
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 4384021828
NCID BN07014370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92018085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想