「腎不全」を生きて : 腎臓病患者五人の軌跡

松村満美子 著

母親からもらった腎がダメになった。腎不全患者たちの悲痛な叫び。先進国の中で唯一生体腎に頼る日本の腎移植。ドナーの絶対数の不足。様々な問題をかかえながら、患者、医師、家族の果敢な闘いは続く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 腎不全との出会い
  • 1 母と子の闘い、大島洋美の短い人生(洋美との出会い
  • 家族と不幸と洋美の発病
  • トラブル続きの闘病生活
  • 「頑張って!洋美ちゃん」
  • 23歳の人生を閉じる)
  • 2 黎明期を生きた人びと(満身創痍、中村勝男の闘争と死
  • 生きていてよかった、田島熊男の25年
  • 若松孝子、日本初の移植腎で出産
  • 透析患者たちの希望の星、田口又也院長)
  • エピローグ 腎臓病-闘いの歴史と今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「腎不全」を生きて : 腎臓病患者五人の軌跡
著作者等 松村 満美子
書名ヨミ ジンフゼン オ イキテ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1991.11
版表示 第3刷
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4623021467
NCID BA45192338
BN07012047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92009938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想