日本の歴史 : 集英社版  8

児玉幸多 ほか編

蒙古襲来以後、東アジアの情勢は緊迫の度を加えていた。後醍醐天皇の討幕計画は、大覚寺統と持明院統の皇統争いを巻き起こし、南北潮の動乱が始まった。新田義貞らの活躍により鎌倉幕府は滅亡するが、誕生した建武政権は順風満帆ではなかった。天皇と足利尊氏の対立が高まり、動乱はさらに大きな輪となって時代を包みこんでゆく。-南北朝動乱100年の転換の諸相を、鮮やかにとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 太平記の時代
  • 第1章 東アジアの中の日本
  • 第2章 日本の境界と周縁
  • 第3章 専制と親政の世
  • 第4章 漂泊民と異形の群像
  • 第5章 未完の封建王政
  • 第6章 崩れゆく新政権
  • 第7章 兄弟相はむ尊氏と直義
  • 第8章 動乱の主役たち
  • 第9章 動乱の狭間で生きる人々
  • 第10章 動乱終息へ
  • おわりに 動乱の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史 : 集英社版
著作者等 伊藤 喜良
児玉 幸多
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 南北朝の動乱
巻冊次 8
出版元 集英社
刊行年月 1992.1
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4081950083
NCID BN07009257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
南北朝の動乱 伊藤 喜良
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想