グラムシ

片桐薫 著

未来社会への革命とは、新しい秩序の創造と最大の自由の獲得にある。身に負った障害とファシズムの弾圧の下、独自の思想を展開した人間グラムシの軌跡を通し、ヨーロッパ近現代史をも透徹する本格的評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生い立ち
  • 第2章 先生と友人
  • 第3章 ジャーナリスト時代
  • 第4章 新しい社会への視点
  • 第5章 『オルディネ・ヌオーヴォ』の創刊
  • 第6章 工場評議会運動
  • 第7章 共産党の創設
  • 第8章 生涯の転機
  • 第9章 ファシズムの登場
  • 第10章 モスクワからウィーンへ
  • 第11章 ウィーンからローマへ
  • 第12章 マッテオッティ殺害事件
  • 第13章 すすむファシズム体制のもとで
  • 第14章 党指導権の確立
  • 第15章 逮捕、投獄
  • 第16章 流刑地ウスティカからミラノへ
  • 第17章 国家防衛特別裁判
  • 第18章 二重、三重の牢獄
  • 第19章 『獄中ノート』の新局面
  • 第20章 重なる肉体と精神の苦しみ
  • 第21章 最後の日々
  • 第22章 没後の反響と『獄中ノート』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラムシ
著作者等 片桐 薫
書名ヨミ グラムシ
出版元 リブロポート
刊行年月 1991.11
ページ数 452, 10p
大きさ 20cm
ISBN 484570675X
NCID BN07003170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92030573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想