余分な人間

クロード・ルフォール 著 ; 宇京頼三 訳

ソルジェニーツィンの小説を考察の手がかりとしてソヴィエト社会主義の矛盾の集約点である強制収容所の問題を論じたフランス社会哲学のリーダー、C・ルフォールの代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 収容所群島と我々
  • 『自己自身の敵となった人民』
  • 「エゴクラット」
  • 「絞窄的制度」
  • 「鋼鉄のイデオロギー」
  • 「ひびから洞窟が崩れ始める」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 余分な人間
著作者等 Lefort, Claude
宇京 頼三
ルフォール クロード
書名ヨミ ヨブンナ ニンゲン
書名別名 Un homme en trop

『収容所群島』をめぐる考察
シリーズ名 ポイエーシス叢書 10
出版元 未来社
刊行年月 1991.10
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 4624932102
NCID BN07000241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想