語学者の散歩道

柳沼重剛 著

西洋古典学を研究する著者がことばに関する豊富な話題の中から、古典と英語、・英文学との接点をとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 賽は投げられたか
  • 田舎のねずみと町のねずみ
  • 大山鳴動してねずみ1匹
  • 健全な肉体に健全な精神
  • クセノポンの『アナバシス』
  • イソップなどを読んで文楽や志ん生を思い出すこと
  • ヒストリアはいつから歴史になったか
  • きわめて異色な本のこと
  • 探偵アリストテレス
  • シクラメン
  • 棺のこと
  • 役者・偽善者
  • 白鳥の歌
  • ギリシア語・ラテン語を学んで日本語を考える
  • 語学の練習問題の楽しみかた
  • まったく知らない事柄について書かれた英語
  • はじめて暮らした英国で驚いたこと〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語学者の散歩道
著作者等 柳沼 重剛
書名ヨミ ゴガクシャ ノ サンポミチ
出版元 研究社
刊行年月 1991.10
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 4327450863
NCID BN0699563X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92005391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想