看護休暇がほしい

西館静夫 著

老いた父母や家族が病気になったとき、仕事を休んで心おきなく看護できる看護休暇制度。ますます切実さを増す制度確立への願いに押され、ようやく、労働省も普及促進へと動きはじめた。家庭介護をめぐる豊富な事例と資料をもとに、看護休暇制度の必要性と現状、そして、働く人々のための、より充実した制度実現への道筋を明快に提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 看護休暇があれば…(ボケの母親とふたり暮らし-東京の氷上さん
  • 胃がんのご主人を看病して-岡山市の浜野さん)
  • 2 実現した看護休暇制度から(都職労の息のながいたたかい
  • 1日でもとれる京都府の看護休暇
  • ゴルフキャディーさんのたたかい)
  • 3 働く人びとのための制度実現へ(老親の介護は人生で「重大なできごと」
  • 国の制度としてすべての人びとに)
  • まず積極的に要求することから
  • 巻末資料 主な看護休暇制度の内容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護休暇がほしい
著作者等 西館 静夫
書名ヨミ カンゴ キュウカ ガ ホシイ
書名別名 安心して家族を介護するために
出版元 桐書房
刊行年月 1991.9
版表示 新訂
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 487647155X
NCID BN06992813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想