英語論文とレポートの書き方

鳥居次好, 宇山直亮 著

[目次]

  • はしがき / p3
  • 目次 / p5
  • 第1篇 論文とレポートの準備 / p1
  • 第1章 平常の準備 / p1
  • A. 読書のすすめ / p1
  • B. 何を読むべきか / p2
  • C. いかに読むべきか / p3
  • D. 生活のメモを取れ / p5
  • E. 文章を書く練習 / p6
  • F. 英語の論文に必要な表現 / p6
  • 第2章 論文とレポートの立案 / p9
  • A. 論文とレポートの区別 / p9
  • B. 論文とレポート作成までの時間配当 / p10
  • C. 主題の選定 / p11
  • D. 主題についての概観 / p14
  • E. 参考文献の選定 / p16
  • F. 構想(Outline)の試案作成 / p18
  • 第3章 図書館の利用法 / p19
  • A. カード目録(Card Catalog)の見方 / p19
  • B. 請求番号(Call Number)の意味 / p21
  • C. 参考書棚(Reference Shelf)の利用 / p23
  • 第4章 資料の収集と整理 / p29
  • A. 資料収集の方針 / p29
  • B. 資料の所在 / p30
  • C. 資料収集の方法 / p30
  • D. 資料の評価 / p35
  • G. 原稿の下書き / p38
  • 第2篇 英語論文とレポートの書き方 / p39
  • 第1章 論文の標準的体裁 / p40
  • A. 文体 / p41
  • B. 執筆用具 / p41
  • C. Typewriting用語 / p42
  • D. 論文に含まれるべき各要素の概略 / p42
  • 第2章 参考資料の取り扱い方-引用,脚注,参考書目- / p51
  • A. 引用文(Quotation) / p51
  • B. 脚注(Footnote) / p59
  • C. 参考書目(Bibliography) / p79
  • 第3章 図表類 / p88
  • A. 付表(Table) / p88
  • B. 付図・グラフその他(Figure or Illustration) / p88
  • C. 図表類の位置 / p88
  • D. 番号 / p89
  • E. 見出し(Caption) / p90
  • F. 折り込み(Folding) / p91
  • 第4章 レポートの形式 / p92
  • 第3篇 英文の書式とTypewriting一般の注意 / p95
  • 第1章 英文の書式一般の注意 / p95
  • A. 省略法(Abbreviation) / p95
  • B. 頭字法(Capitalization) / p100
  • C. 斜体の用法(Italicizing) / p104
  • D. 数詞(Numeral)および記号(Notation)の書き方 / p107
  • E. 複数の表わし方(Pluralization) / p118
  • F. 句読法(Punctuation) / p120
  • G. 分綴法(Syllabication) / p138
  • 第二章 Typewriting一般の注意 / p141
  • A. Typewriter使用の時期 / p141
  • B. Typewriterおよび付属用具 / p142
  • C. Typewriter使用上の注意 / p145
  • 本書執筆のための参考書目 / p152
  • 付録I 論文・レポート作成のための参考文献 / p155
  • A. 論文・レポート作成のための一般的参考書 / p155
  • B. 著名な新聞雑誌(Periodicals) / p166
  • Index / p175
  • 付録II 雛形 / 閉じ込み

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英語論文とレポートの書き方
著作者等 宇山 直亮
鳥居 次好
書名ヨミ エイゴ ロンブン ト レポート ノ カキカタ
書名別名 Eigo ronbun to repoto no kakikata
出版元 英潮社
刊行年月 1967
版表示 改訂版
ページ数 188p 表
大きさ 19cm
ISBN 4268000240
NCID BN04687772
BN06992030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67010179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想