性の法律学

角田由紀子 著

"性"について女性が語ることは長い間タブー視されてきた。法律の世界でも、女性の"性"は男性が論じる客体でしかなかった。だがそんな時代はもう終わりにしたい。「法律は難しく、女にはわからないもの」という"常識"をはねかえさなければ…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女の視点で「強姦」を考える
  • 2 私のからだは私のもの-産む産まないは女が決める
  • 3 結婚は女のおとし穴
  • 4 愛情の売買が許されている
  • 5 買売春と法律婚
  • 6 セクシュアル・ハラスメント
  • 7 同性愛に生きる権利-なぜ差別されるのか
  • 8 未成年者の性的自由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性の法律学
著作者等 角田 由紀子
書名ヨミ セイ ノ ホウリツガク
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.11
版表示 第4刷
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 4641181713
NCID BN06986934
BN0855069X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想