小事典からだの手帖  パート2 (骨の基礎医学から疾患まで)

高橋長雄 著

織田信長は浅井長政親子を滅ぼして、そのどくろから「どくろ杯」をつくって、酒宴の席でまわしのみをしたという。しかし、現実にそんなことは可能だったのだろうか。私たちのからだの骨(新生児で350個、成人206個)は、単に「骨組み」としてだけでなく、血液を生み、カルシウムを貯蔵し、血液をチェックするなど獅子奮迅のはたらきをしている。本書では、骨の基礎医学から主な疾患まで、驚くべき精緻でダイナミックな骨のメカニズムを、トピックスをまじえながら探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 骨は生きている
  • 第2章 骨についての基礎医学
  • 第3章 骨いろいろ
  • 第4章 骨のトピックス
  • 第5章 主な骨の異常

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小事典からだの手帖
著作者等 高橋 長雄
書名ヨミ ショウジテン カラダ ノ テチョウ
書名別名 骨の基礎医学から疾患まで

Shojiten karada no techo
シリーズ名 ブルーバックス
巻冊次 パート2 (骨の基礎医学から疾患まで)
出版元 講談社
刊行年月 1991.11
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4061328956
NCID BN06985239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想