ドイツはどこへ行く?

H.M.エンツェンスベルガー 著 ; 石黒英男, 野村修 訳

均質化された「あたりまえ」の社会が異端を呑み尽くすとき、「あたりまえ」そのものが狂気をおびる。-この奇妙な状況がさらに拡大してゆくなかで、われわれはどこに希望を見出すことができるのか。メディアから政治・経済、エコロジーにわたる批判を通して、統一ドイツ、EC統合、さらに極東の経済大国日本をも射程にふくむ、この緊急の課題をつきつける、エンツェンスベルガーの最新評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あたりまえと狂気-おだやかな解決への提案
  • 1 メディア(無知について
  • 少年をポエジーの産物から保護するためのつつましい提案
  • 制度としての文学
  • 書評家のたそがれ
  • 文字離れの讃美
  • 報道の自由の破局
  • TV・ゼロのメディア)
  • 2 政治・経済(会計検査
  • 万国の億万長者よ、団結せよ!)
  • 3 社会・エコロジー(頭のなかの森
  • 井戸への毒物混入
  • 権力と精神
  • 傷つきやすい怪物
  • からっぽのテロル
  • 気恥しさの利点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツはどこへ行く?
著作者等 Enzensberger, Hans Magnus
石黒 英男
野村 修
エンツェンスベルガー ハンス・マグヌス
書名ヨミ ドイツ ワ ドコエ ユク
書名別名 Mittelmaß und Wahn
出版元 晶文社
刊行年月 1991.11
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 4794960298
NCID BN06979826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92015298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想